ペーパーレス化で経費節約|極限まで無駄を削減しよう

ファイルの管理は

IT

企業において利用が拡大しているものに、クラウドサービスの利用がある。これまでは、自社内にサーバーを設置し、システムを稼働することが中心であった。しかし、最近では業者が提供するシステムをクラウドサービスとして利用することが増えている。このクラウドサービスの中でもファイルを保管できるオンラインストレージサービスの人気があり利用が広がっている。このクラウドサービスの利用において、ファイルバックアップ先として利用するケースも多い。社内のサーバーでファイルをバックアップする場合、データー量が増えるにつれてディスクを増設しなければなくなるためである。バックアップ先としてクラウドを利用する場合には、セキュリティに特に気を付ける必要がある。

クラウドサービスを活用してファイルのバックアップを行う場合には、社内でのファイル管理にならないため、ディスクを用意する必要がなくなり低コストで運用できる。また、クラウドサービスではディスクはサービスを提供する業者が維持管理してくれる。社内でディスクを管理する場合には、メンテナンスが必要になるなど維持にもお金がかかる。特に専門知識を持った人を管理者として配置する必要があり、人件費も多くかかる。これに対して、クラウドサービスを利用した場合には、自社での維持管理がなくなるため、これらのコストを削減することができる。また、バックアップでは多くのディスク領域が必要になるが、サービス利用であれば契約するだけで領域拡張できる。